例えば、家に住むときには、貸家、持ち屋など、様々な種類があると思います。

レンタルサーバーも、これと同じようにいろいろな種類があります。

 

レンタルサーバーには、主に、共用サーバー、専用サーバー、仮想サーバーの3つがありますね。

 

共用レンタルサーバー」は、マンションを想像するとわかりやすいです。

マンションは、一つの建物を何人もの人で分けて、住んでいますよね。

 

これと同じです。

一般的なサーバーは、ほぼこのタイプです。

多くのユーザーが共有するため、価格が安くなっていいですね。

 

専用レンタルサーバー」は、一戸建ての貸家に住む感じですね。

周りを気にせず、一人で使い放題。

 

一戸建ては、家は広いですが、値段が高いですよね。

専用レンタルサーバーもこれと同じで、使える容量がGB単位とかなり大きいのですが、価格は高くなってしまいます。

専門的な知識と技術を持っている人、商用目的の人、ビジネスに利用したい人には、とてもオススメです。

 

最後に「仮想レンタルサーバー」です。

こちらは、イメージが難しいかもしれません。

あくまで共用サーバーなのですが、仮想的に専用サーバーと同じ機能を提供してくれるサーバーですね。

特殊なソフトをインストールすることで、これは可能になっています。

 

ただ、一般の人はほとんど共用サーバーを利用しているため、無理して専用サーバーを利用する必要はないと思います。

専用サーバーは、本当に必要になったときに、使うのがいいのではないでしょうか??