近年、各企業や官公庁は、専用(自社)サーバにて運用をしている。
Windows2008Serverの登場でこの専用(自社)サーバも劇的にかんぜんされている。

 

それ技術は、仮想化環境にある、1台のサーバで数台分の仮想化環境のサーバを構築することが出来る。

 

従来と比べるとコスト的に低くレンタルサーバを利用する価値が低くなると思われがちだ。

しかし、専用サーバは、運用管理者やハ-ド-メンテランス等で人件費が大量にかかってしまう、しかしホスティングサービスによるレンタルサーバはどうだろうか、運用管理やハ-ドウエアメンテランスのかかる費用は、専用(自社)サーバよりも安価となる。

 

その全てがホスティングサービス会社で実施されるため、自社に専門知識を有した人材が居なくても運用が可能である。

また、機器が古くなるとリプレースが発生するが、専用サーバは、多額の費用を有するがレンタルサーバは、初めからレンタルなので、機器の老朽化かによるリプレースもホスティングサービス会社が行うことになる。

 

一見レンタルサーバは、安価でリスクも低く良いように見えてしまうが専用サーバと大きく違うのは、ネットワーク環境である、専用(自社)サーバは、ローカル環境でのネットワークなので、レスポンスが早く業務に支障をきたす事がない。
ホスティングサービスによるレンタルサーバ公衆網の回線を利用するケースが大半である、実際の業務では、レスポンスの悪さから業務に支障をきたすことが有る。
結果的にどこをリスクと見るかで専用サーバがホスティングサービスのよるレンタルサーバが良いか決める必要がある。