ワードプレスが使えるレンタルサーバー比較

 

ワードプレス(Wordpress)が使える月額1050円以下の格安レンタルサーバーを比較検証。

管理画面からの複数ブログ作成やデータベースの個数、月額料金を徹底比較しました。

最もコストパフォーマンスの良い優良レンタルサーバーを検討しています。

 

ロリポップ!

 

・月額263円のロリポプランで可能

・ワードプレス簡単インストール有り

・データベースはロリポプランで1つ

 

ロリポップは標準プランのロリポプランからワードプレスが利用できます。

ロリポップが優れているところは簡単インストールの管理画面からワードプレスを複数設定できることです。

他のサーバーでは簡単設置ではデータベース一つにつき1個までという場合が大半です。

ロリポップではデータベースは1つでも複数のワードプレスが作れるので大変便利です。

理想は1データベース=1ブログであることは確かです。

まとめブログのように1日に1万ユニークを超えるようなブログならば1データベースで1ブログが必須と感じます。

しかしながらピンポイントでアクセスを拾っていく1日10アクセス以下のニッチブログなら1つのデータベースで複数ブログを立ち上げても問題ありません。

このブログもロリポップで作っていますが1データベースでも遅延なく表示されます。

 

 

さくらレンタルサーバー

 

・月額500円のスタンダードプランで可能

・ワードプレスクイックインストール機能あり

・データベースは20個

 

さくらではスタンダードプランよりワードプレスが利用できます。

最近より低価格のライトプランでもPHPが使えるように仕様変更されました。

しかしながらデータベースがスタンダードプランからの為、ライトプランではワードプレスは利用できません。

データベースは20個まで追加できるのでアクセスの多いブログを立ち上げるときは頼りになります。

月額は500円でやや高めですが安定感で定評のあるさくらサーバーなので信頼度は十分、本格的なブログ運営に適しています。

 

 

ラクサバ

 

・月額99円のラクラクミニより可能

・ワードプレス自動インストール機能あり

・データベースは1個

 

ラクサバは低価格の99円でワードプレスが使えます。

自動インストールも用意されているので簡単に設置できます。

ラクラクミニプランは独自ドメインが3個までなので量産は出来ません。

1つのワードプレスでじっくりと大きなサイトに育てたい場合は有益なレンタルサーバーです。

 

 

無限レンタルサーバー

 

・月額480円の無限プランで可能

・CMS簡単インストール機能あり

・データベース無制限

 

無限レンタルサーバーでは月480円でワードプレスを大量に量産できます。

CMS簡単インストール機能が付いているためFTPなどを使わずに管理画面のみで設定できます。

さらにデータベースが無制限のためアクセスが多いジャンルのブログでも大丈夫です。

好条件が揃っているので本格的なブログ量産に適したレンタルサーバーです。

 

 

エクストリム

 

・月額99円のライトプランより可能

・ワードプレスかんたんインストール有り

・データベースは3個

 

エクストリムは最安プランのライトプランからワードプレスが使用可能です。

データベースも3つあり100以下の激安サーバーの中では好条件が揃っています。

アクセスの少ないニッチキーワードの量産ブログ運営に適したレンタルサーバーです。

 

 

クイッカ

 

・月額250円のライトプランより可能

・ワードプレス簡単インストール機能有り

・データベース1個

 

クイッカはライトプランよりワードプレスが可能となります。

ライトプランは独自ドメインが10個なので量産には向いていません。

複数サイト運営は月額490円のスタンダードプランが適しています。

しかしながら月額500円クラスならば無限レンタルサーバーが優れていると感じます。

クイッカはIPアドレス分散目的などのサポート的な補助サイト運営に向いています。

 

 

エックスサーバー

 

・月額1050円のX10プランより可能

・ワードプレス自動インストール機能あり

・データベース無制限

 

エックスサーバーは格安レンタルサーバーの中では最も高性能なレンタルサーバーです。

価格は高めで月1050円です。

データベース無制限なのでアクセスの多い本格派ブログを量産できます。

エックスサーバーの特徴は圧倒的な安定感。サーバー管理が徹底していて常時高速表示を実現しています。

トップアフィリエイターの多くが利用している御墨付きの優良サーバーとして知られています。

 

ワードプレスが無料ブログよりも優れている理由

 

確かに無料ブログには無料の良さがあります。

収益がまったくない運営当初は無料ブログの方が精神的負担が少ないことも確かです。

 

しかしながら有料のレンタルサーバーで作れるワードプレスには無料では実現不可能な様々なメリットがあります。

ワードプレスのメリットをざっと思いつくだけ挙げてみます。

 

・カスタマイズ自由

・プラグインが豊富

・PHP埋め込み可能

・SEOにも強い

・ブログを量産できる

 

これら5項目が思い浮かびます。

ワードプレスは自分のレンタルサーバーを使っているので完全な広告なしで豊富なテンプレートをベースにして自由にカスタマイズできます。

これは成約の多い無料ブログと違った大きなメリットです。

自分の作りたいサイトをテンプレートをカスタマイズして作り上げる楽しさはワードプレスならではの醍醐味です。

 

そして豊富なプラグインが用意されていること。

プラグインには人気ページランキングやPHP埋め込みプラグインなど多種多様にあります。

特にお勧めはPHP埋め込みプラグイン。

これを使えばPHPを使ったマッシュアップブログなどを作成出来るので可能性は無限に広がります。

 

SEOにも強く独自ドメインを使うことで検索上位表示されやすいのも大きなメリットです。

体感できなものですがワードプレスはカテゴリが上位表示されやすい傾向にあります。

 

例えば、もし

http://ワードプレスレンタルサーバー.com/category/ワードプレスが優れている理由/

 

というカテゴリ名で設定した場合は

ワードプレスが優れている理由」で上位表示される可能性は普通のページタイトル以上に効果があると感じます。

 

これらの理由から本格的なブログ運営はワードプレスが優れていると考えます。

ちなみに、このブログもワードプレスで作製しています。

 

ワードプレスの設置方法

 

ワードプレスとはどのように設置するのか未経験の方は気になると思います。

実際に管理画面を見てもらうとイメージが想像できます。

ロリポップの簡単インストールをご紹介します。

 

 

これがロリポップの簡単インストールメニューです。

ワードプレスの他にも

 

・ムーバブルタイプ(ブログ)

・ゼンフォト(フォトギャラリー)

・クロン(自動プログラム)

・プキウィキ(Wiki)

・ベーサーbaser(ホームページ作成システム)

 

等が標準で用意されています。

利用する」ボタンをクリックします。

 

 

するとワードプレスで使用するフォルダ名の設定画面が表示されます。

使用するドメイン名を選ぶか、最初に登録したデフォルトのロリポップドメインを選択します。

私はロリポップドメインで設定しています。

ワードプレスの管理画面で独自ドメイン設定が出来るので設置の時はロリポップドメインでOKです。

ワードプレスを入れるフォルダ名を決めます。

利用データベースは初めから選択されていますので、このままでOKです。

 

入力後に「入力確認」ボタンを押すとインストール完了です。

 

 

サイトURLと管理者ページURLが表示されます。

初めに管理者ページURLをクリックするとタイトル名、管理者名を入力する画面が表示されます。

 

・タイトル名

・管理者名

・管理パスワード

・メールアドレス

 

これら4つの項目を記入して完了です。

ロリポップでは1つのアカウントで複数のワードプレスを作成することが可能です。

ロリポッププランは独自ドメイン50個なので50種類のアドレスでブログ作成が可能です。

 

無料でワードプレスが使えるレンタルサーバー

 

 

無料でワードプレスを使う方法があります。
それはサイトミックスという無料レンタルサーバーを利用することで可能です。

ただし、無料で使える条件として右下に300×300pxの広告バナーが入ります。

このバナーが大きめなので本命サイトとして使うには躊躇してしまします。

 

どのような広告が入るのかは実際に見てもらうのが一番良いと思います。

 

無料ワードプレス参考サイト  ベストサイトミックス・ナビ

 

右下に大きく表示されるバナーが強制広告となります。

約20秒間表示された後に消えます。

リロードすると再び表示されます。

 

この広告は大きいので個人的には本命サイトとしては活用は難しいと感じます。

 

サイドバーのスペースは自由に編集可能となっています。

自分の好きな広告を貼ることが出来ます。

 

ブログデザインのカスタマイズには制限がありました。

用意されたテンプレートを使ってフリースペースを設置することは可能ですが、デザインそのものを編集することは出来ませんでした。

これは広告を非表示にさせないための制限だと思います。

無料で使わせてもらうので妥当な制限です。

月額158円で広告を非表示にすることが出来ます。

 

サイトミックスの無料ワードプレスは今までワードプレスを使ったことがない方で練習用として使ってみたいという場合には最適な教材と感じます。

 

他にはサテライトサイトとして使う方法もお勧めできます。

サテライトならば広告が表示されても特に気になりません。

 

グループサイト構築の際のIPアドレス分散用サテライトサイトとして戦力が期待できます。

 

無料ワードプレス作成レンタルサーバー  サイトミックスの特徴

 

ワードプレスが使えるレンタルサーバーを使ってみて思う事。

ほんの2、3年前くらいまでは、ムーバブルタイプにしてもワードプレスにしても、インストールのマニュアルがあって、手動でやって下さい、というのが普通だったように思う。

しかし、「 FC2 」にしても「 ロリポップ 」にしても、大手で親切なところは今、自動インストールが普通のようだ。

 

レンタルサーバにログインして、インストールするCMSを選択、情報を簡単に入力していくだけでインストールが可能になる。

あまりパーミッションを意識する事がなく、これは非常に楽である。

インストール用のCMSフォルダからファイルから、あらかじめ適切な場所に配してあるのだ。

 

ただ、FC2の場合など、ワードプレスをインストールした後、ブラウザ上でスタイルシートやphpファイルを変更する場合、そのファイルを書きこみ可能に変更する必要がある。

これはFTPソフトで接続して手動でしなければならない。

また、.htaccessファイルなどを独自に設定する場合であるとか、またワードプレスをよそから移動させる時とか、完全にオートマチックで、というわけにはいかない。

 

いずれにせよ、複数のCMSをレンタルサーバにインストールできる、とはつまり、MySQLのテーブルをその分だけ作れるという事であり、これはこの数年でなくなった制約である。

数年前の感覚でいる皆さん、最近のレンタルサーバは親切になりましたよ。