サーバークイーンでワードプレスを設置する方法

エクストリム」に続く12個目のレンタルサーバーはサーバークイーンQ-03プランに決めました。

妙な不安感でいっぱいですが、とりあえずデータベースが25個使えるので、まずまずの仕様かと思いました。

ネームサーバーは

ns1.hosting-sys.jp
ns2.hosting-sys.jp

初めの登録の際に、保有している独自ドメインを1つ登録する必要がありました。

この仕様は「GMOクラウド」に似ていました。

 

早速、ワードプレスを設置してみます。

コントロールパネルは割とシンプルで使いやすい配置になっていました。

でも設定は全て自分で行う必要があり面倒でした。

 

初めにドメインの「ホスティング設定」をします。

「ホーム」⇒登録したドメインの「ホスティングを管理」をクリック

ドメイン専用のユーザー名とパスワードを決める。

 

続いて「PHP対応」にチェックを入れます。

 

php

 

kuin1

登録したドメインを選択して⇒アプリケーション⇒ウェブを選択します。

ルートディレクトリに表示させるときはディレクトリ欄を未記入にします。

wp1

これでワードプレスの設置は完了です。

一見簡単そうに見えますが、説明は一切なく全て問い合わせる必要がありました。

初めての方は挫折する可能性が高いと思います。

初心者お断りの上級者向け?(技術者向け)の半放置サーバーという印象を持ちました。
使ってみた感想は

 

1.「ロリポップ

2.「ラクサバ

3.「エックスサーバー

4.「ミニム」=「エクストリム

5.「さくらサーバー

6.「お名前コム共用サーバー

7.「ミニバード

8.「クイッカ

9.「サーバークイーン

10.「GMOクラウド

 

何とも後味の良くない、やる気のないサーバーという印象です。

このサーバーは使いこなせずに挫折した人、結構いると思います。

 

FTP情報

FFFTPなどに記載するFTP情報が表示されませんでした。

FTP設定方法は

ドメイン⇒WEBサイトとドメイン⇒ウェブホスティングアクセス

ウェブサイトをホスティングしている IP アドレス 〇〇〇.〇〇〇.〇〇.〇〇

10ケタの数字がホスト名

自分で設定したユーザーアカウントネームがFTPアカウント(ユーザー名)

そのアカウントで設定したパスワードがFTPパスワードでした。

 

2014年6月21日追記:

ドメインの追加方法⇒契約者アカウントで「ドメイン」 ⇒文中の「自分の契約を作成」をクリック

もしくは「ホーム」⇒「自分の契約を作成」をクリック」

ユーザーアカウントネームは16文字?前後まで、長すぎるドメインの場合は注意

 

2014年6月22日追記:

1つ目のワードプレスはデレクトリなしでルートドメイン表示。

2つ目以降はディレクトリ必須、設置後にindex.phpの最終行

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/●●●/wp-blog-header.php’ ); 追加してルート直下に移動

2つ目以降も設置後、30分~1時間程で表示されました。

 

2014年6月24日追記:

デフォルトでは4つ目のワードプレス設置不可。

問い合わせの結果データベースの変更が必要とのこと。

>お手数ではございますが、下記手順にて、ドメインのデータベース数を
>ご変更いただき、ご利用いただきますようお願いいたします。
>
>1. マイアカウントページ(管理画面)へログイン
>2. 画面上部の「ホーム」をクリック
>3. 対象のドメイン名をクリック
>4. 「カスタマイズ」項目をクリック
>5. 「データベース」をご希望の数値へ変更し、「OK」をクリック

デフォルトでは1個目のドメインにデータベース10個

2個目にデータベース10個

3個目にデータベース5個を適用

これでドメイン3個でデーターベース25個を全部使ったことになるため4つ目のドメインでワードプレス設置不可になることが分かりました。

全ドメインのデータベース数値を1に変更することで解決できました。

 

2014年6月24日追記:

ワードプレス5個目は即時反映ならず。

ドメイン登録とワードプレスインストールは即時に設定が可能でしたが、すぐには表示されません。

30分~1時間待つ必要がありました。

 

サーバークイーンの特徴・申し込み方法

 

サーバークイーン(ServerQueen)は月額120円の共用サーバーと月額480円のVPSサーバーの2本柱が特徴の格安レンタルサーバーです。

月額120円の共用サーバープランは、格安ながら独自ドメインが30個、データベースが1個でワードプレスやムーバブルタイプが使える本格的な仕様です。

 

VPSプランでは月額480円から利用可能となっており仮想専用サーバーでは業界最安値クラスの激安価格を実現しています。

VPSはroot権限が利用可能な仮想プライベートサーバーです。

1台のサーバーの中で複数のサーバーが動作しているのと同じ状況を作り出します。

そのため専用サーバーと同等の機能を激安特価にて利用することが可能になっています。

 

プラン名 月額費用 ディスク容量 独自ドメイン数 データベース数
超低価格共用 120円(1年) 5GB 30個 1個
共用Q-01 525円(1年) 40GB 30個 5個
共用Q-02 777円(1年) 60GB 40個 10個
共用Q-03 987円(1年) 120GB 50個 25個
超低価格VPS 480円(1年) 20GB 無制限 無制限
VPS QV-00 925円(1年) 20GB 無制限 無制限
VPS QV-01 1470円 120GB 無制限 無制限
VPS QV-02 1995円 240GB 無制限 無制限
VPS QV-03 2478円 240GB 無制限 無制限

 

サーバークイーン

 

激安共用サーバーと超低価格VPSサーバーの2本柱

VPS仮想専用サーバーは月額480円でroot権限付き

 

サーバークイーン公式サイト

 

 

 

お勧めプラン  : VPSサーバープラン

月額料金    : 480円

初期費用    : 無料

ディスク容量  : 20GB

独自ドメイン数 : 無制限

データベース数 : 無制限

無料お試し期間 : なし

 

 

 

サーバークイーン申し込み方法

 

それではサーバークイーンに申し込みます。

右上メニューの「お申込み」をクリックします。

各プランの選択画面が表示されました。

申し込みたいプランを選んで「お申込み」をクリックします。

 

今回は超低価格共用プランを選択しました。

 

ディスク容量5GB、 初期設定費用1050円、契約料金(12ヵ月)1440円と表示されました。

スペック内容に問題なければ「申し込む」をクリックします。

 

ドメインの選択画面が表示されました。

ここで新規ドメイン取得や、ドメイン移管を選択できます。

独自ドメインは後から自由に追加できますので、ここではサブドメインで申し込みます。

サブドメインには server-queen.com または、server-queen.jp の2種類から選択できました。

 

設定したサブドメインが表示されました。

 

「このドメインで申し込む」をクリックします。

 

お客様情報の入力画面が表示されました。

 

 

・名前

・メールアドレス

・パスワード

・郵便番号

・住所

・電話番号

 

以上の6項目を記入します。

記入後に「個人情報の取り扱いに同意して登録」をクリックします。

 

お申込み内容の確認画面が表示されました。

 

 

任意でアンケートにも協力しましょう。

内容をもう一度確認して間違いがなければ、利用規定に同意するにチェックを入れて

「お申込み」完了をクリックします。

これでサーバークイーンの申し込みが完了しました。